船舶免許更新・ボート専門サイト(更新・失効・訂正・再交付等)

船舶・ボート免許専門サイト シーサイド海事法務事務所

ボート免許取得

小型船舶免許について

小型船舶免許には、「一級小型船舶操縦士」、「二級小型船舶操縦士」、「湖川二級小型船舶操縦士」、「特殊小型船舶操縦士」(水上バイク[水上オートバイ])の4種類があります。

平成15年6月以前の免許制度では、1級から5級までの5区分となっており、一般的に多く取得されていたのは4級小型船舶操縦士免許でした。この従来の制度では、1級小型船舶操縦士の免許取得に対して非常に高度な学習と時間を要していたためあまり一般的に取得されることはありませんでした。

現行の制度では、免許制度全体が見直され、1級小型船舶免許の取得が容易となり、近年、1級小型船舶免許所有者数も大幅に増加しています。

小型船舶免許の種類図

▲PAGE TOP▲

小型船舶免許の種類について

小型船舶免許には、一級小型船舶操縦士、二級小型船舶操縦士、湖川二級小型船舶操縦士、特殊小型船舶操縦士の四種類があります。

− 小型船舶免許の種類 −
免許の種類 船の大きさ 航行区域
1級
小型船舶免許
総トン数20トン未満
無制限
長さが24メートル未満の船
2級
小型船舶免許
総トン数20トン未満 海岸から5海里(約9km)までの海域
平水区域(川や湖、湾など(東京湾を含む)
長さが24メートル未満の船
湖川2級
小型船舶免許
総トン数が5トン未満で
エンジンが15キロワット
(約20馬力)未満の船
湖や川 (※その他特別な海域)
特殊
小型船舶免許
水上バイク
(水上オートバイ)
湖岸、海岸から2海里
(約3.7キロ)

▲PAGE TOP▲

受験資格について

受験資格項目は年齢、視力、弁色力、聴力、身体の五項目があり、その条件を全てクリアする必要があります。

− 受験資格 −
年齢 1級小型船舶操縦士は満17才9ヵ月以上
2級小型船舶操縦士は満15才9ヵ月以上
湖川2級小型船舶操縦士は満15才9ヵ月以上
特殊2級小型船舶操縦士は満15才9ヵ月以上
※いずれも試験日の前日までに
視力 両眼とも0.6以上(矯正可)であること
※一眼の視力が0.6未満の場合は、他眼の視力が0.6以上でありかつ、
視野が左右150度以上であること
弁色力 夜間において船舶の灯火の色を識別できること
※灯火の色が識別できない場合は、日出から日没までの間において
航路標識の彩色を識別できれば、航行する時間帯が限定された
免許が取得可能
聴力 5m以上の距離で話声語が聞こえること(補聴器可)
身体 軽症で小型船舶操縦者の業務に支障をきたさないと認められること

▲PAGE TOP▲

当事務所のボート免許概要

ボート免許を取得するには、独学で勉強するか、教習所に入所して取得する方法しかありません。
当事務所は、全国にある数多くの教習所とネットワークを結んでおりますので、ボート免許取得をお考えの方は、お気軽に当事務所までご連絡ください。

<参考価格>
1級取得 ¥92,500〜(スクール) ¥120,000〜(国家試験免除)
2級取得 ¥74,300〜(スクール) ¥100,000〜(国家試験免除)
特殊(水上バイク) ¥41,500〜(スクール) ¥70,000〜(国家試験免除)

※教習所によって、教習料金は違いますので、詳細につきましては、お問い合わせください。

お問い合わせは、下記までお願いいたします。
http://boat.seaside-office.com/contact.html

▲PAGE TOP▲

ボート免許取得関連

地域別講習日程表

サイト関連項目

copyright © シーサイド海事法務事務所 All rights reserved.